34歳独身男性清掃員のセフレ体験記

彼女よりもやっぱりこの年になるとセフレの方が何かと便利ですね。
彼女だという既成事実を作ってしまうとイベントだとか記念日だとか
気にしなくちゃいけないしデートだとか旅行だとかどんどん出費もかかるし時間も取られますからね。
もちろんそれくらいに好きになってしまう女性が現れればいいんですが
それくらいのレベルの娘はそうそう現れない。それに一度してしまえばそれほど
大切だとは思えないようになるんですよね。だから出会った女性は
彼女にすることではなくてまずはセフレにすることをゴールに設定して
アプローチをかけますね。べつに彼女という関係にならずともセフレにすることは
出来ますからね。逆にセフレに出来ないくらいにガードの固い子であれば彼女候補にも
なりえるんですが、今までそういう娘って会ったことがないですね。
彼女という単語をいかに使わないで関係まで持ち込むかって言うゲームだと
思ってます。
まあ一度コツを掴んでしまえば後はそれの反復でしかないですからね。
こちら側のコンディションやゲーム運びの出来で不発することもありますが
基本的にはこれは確率の問題ですから今でセフレが途切れたことはないですね。
狩場は最近は出会い系よりもラインやSNSが多いですね。基本的には待ちの
姿勢で向こうからメールなりが来たらそれに答えてって言う感じですね。
連れて行く店もほとんど一緒ですし言う台詞もだいたい同じですから
半ばもう惰性でやっているようなものですね。
やめられない遊びです。